牛のトレーサビリティ

和牛は、どんな血統で生まれて、どこで育てられたかがきちんと管理されています。

また、独立行政法人家畜改良センターのサイトの「牛の個体識別情報検索サービス」でいつでも特定の和牛について調べることができます。





厳しい生産管理体制と厳重な検査のもと、安全な食肉だけが出回ります。今後も引き続き、皆様への安全な畜産物の供給に努めてまいります。

現在のところ、県内ではフィールド(農場段階)及びと畜場において、牛海綿状脳症=BSE(狂牛病)を疑う牛は確認されておりません。なお、県内に飼養されている肉骨粉給与牛については、すべて、食肉には回らないことになりました。今後も引き続き、皆様への安全な畜産物の供給に努めてまいります。

国際獣疫事務局(OIE)では、狂牛病は、牛乳・乳製品はもとより危険な4部位(脳、眼、せき随、小腸の一部)以外の肉や内臓は食べても人に感染するおそれがないとしています。
さらに、平静13年10月18日からは、狂牛病検査体制が強化され安全性が確認された食肉だけが流通するようになりました。

牛海綿状脳症の発生に伴い、すべての牛に生涯一つの個体識別番号(耳標)を与え、この番号に基づき個体の移動歴等を把握するための「個体識別システム」を緊急に整備し、畜産物の安全性の確保と畜産の振興を図ります。

一頭の牛を生涯唯一の番号で識別・管理するシステムです。
1. このシステムを使えば、伝染病発生時に瞬時に牛の移動状況がわかり、迅速な防疫対策を講じることができます。
2. 出生までさかのぼって生産情報を提供する基盤が整備されるので、消費者に安心して食べてもらうことができます。
3. 個体識別番号を使えば、経営内で個体の取り違えがなくなり、血統や枝肉情報など、いろいろな情報を個体識別番号を鍵として取り出し、連結して分析することができるので、高度な経営診断に役立ちます。
4. 現在は、それぞれの農家や団体が独自の個体番号や耳標を使って一頭の牛を管理していますが、個体識別システムでは番号を一本化し、すべての用途でこれを利用します。
5. 全国データベースには、一頭毎に性別、生年月日、出生地、所在地などの基礎情報(戸籍や住民票のような情報)を蓄積し、関係者はこれらの情報を共通して使います。

平成14年1月から本県は各農業振興事務所単位で装着が開始されました。

県内の3か所の食肉衛生検査所で、安全な食肉を供給するために、すべての牛の牛海綿状脳症(狂牛病)に対し、強化されたスクリーニング検査を実施しています。

|